【みずほ銀行カードローン】年収400万以上なら、業界一の低金利でまとめられる!200万円~

年収次第で業界一の低金利が狙える!?

カードローンを利用するときには、当然金利を気にすることになります。

出来る限り低金利を狙っていくことが大事になっており、そのために必要な情報を見つけていかなければなりません。

みずほ銀行カードローンの場合は、年収が高くなればなるほど、業界でも一番低い低金利を狙うことが出来ます。

この年収というのは、大体400万円くらいが目安となっており、それ以上の金額であれば、おまとめローンとしても非常に小さい金利で利用することができます。

元々みずほ銀行カードローンというのは、収入によってある程度のラインを決めているのですが、400万円以上持っていれば、他のカードローンよりも小さい金利に設定されるので、おまとめをする場合にも使いやすくなります。

それよりも下の場合でも、おまとめローンに使えるカードローンは手に入りますので、金利にこだわらない場合でも結構いい数字が期待できるようになります。

業界でもかなり小さい金利を採用しているために、みずほ銀行カードローンを利用してのおまとめを行えば、かなり金利面で安心感が生まれることになります。

おまとめをする場合は前年度の年収の半分までにしましょう!

ここで注意をしなければならないことが1つあります。

みずほ銀行カードローンは、おまとめ目的で利用する場合は、前年度の年収の半分までに制限されることになり、それ以上のおまとめは出来なくなっています。

200万円しか持っていなかった場合は、纏められる金額は100万円までに制限されることになりますので、それ以上借金を抱えている場合は、まとめようと思っても纏めることが出来なくなってしまいます。

これは、みずほ銀行がリスクをあまり負わないようにして、貸し出しが出来るようにするための措置となっています。

年収をはるかに超えるようなおまとめをすると、大体の場合は返ってこないと判断されるので、一番理想的な数字である50%を採用していることになります。

みずほ銀行カードローンでは、自分が持っている年収の半分までと考えて、それ以上のおまとめは使えないことを理解してください。

沢山持っている人は、纏められる金額がかなり多くなりますので、あまり気にすることがないかもしれません。

一方で、年収が少ない人は、気にしなければならない金額となってしまいます。

400万円以上ならとにかく金利は低く設定される!

実際に金利を考えていくと、みずほ銀行カードローンはかなり小さいことがわかっています。

おまとめをする場合は、400万円以上の年収を持っていることが重要になりますので、この数字を目標にしておくといいです。

もし400万円以上を持っているなら、一番高くても金利は6%に設定されます。

おまとめローンで6%というのは、相当小さい数字になりますし、負担が大幅に軽減されることになるので、利息の支払いもかなり減ることになります。

みずほ銀行カードローンは、100万円ごとにラインを決定しており、そのラインに到達している場合は、金利の数字を固定で決めていることになります。

100万円未満だと、最大の14%になってしまいますが、400万円を超えているようなら6%という小さい数字で使うことが出来ます。

勿論さらに金利を小さくすることが可能となっており、800万円以上の年収を持っていれば、最低値の数字まで持っていくことが出来ます。

このように、みずほ銀行カードローンは、とにかく年収を多く持っていくことが必要となります。

おまとめローンとしても、400万円の年収を持っていることは、200万円まで利用できるので、結構借りている人でも安心して利用することができます。

利用する場合は、なるべく400万円のラインを理解していること、200万円からおまとめをすることが出来れば、金利を抑えられることを知っておくといいです。

コメントを残す