おまとめローンを利用する申込から審査・借入まで流れ

おまとめローンの審査は、融資を希望する金融会社選びから始まり、申込みを始めてから契約の流れが始まります。

また、本格的な審査を申込む前に、融資可能か判定が受けられるので、この仕組みを利用する場合もあります。

利用する金融会社を決めましょう!

契約の切っ掛けは、インターネットか店頭、電話を使った窓口が挙げられます。

窓口選びのポイントは、自身が使いやすい方法を選び、簡単に申込める点がコツになります。

希望する金融会社が見つかった時は、いよいよ本格的な契約の流れに入ります。

審査を希望する窓口が決まったら、おまとめローンの希望を伝えて、審査を受ける段階に進みます。

おまとめローンを申し込んでみましょう!

申込みの際には、書類の提出が必要になるので、必須事項を記入して手続きを始めます。

具体的な記入項目としては、氏名や生年月日、住所等の個人情報があり、返済能力の判定に必要な年収も記入します。

更には、必ず連絡網を維持する必要があるので、携帯電話と共に自宅の電話番号も尋ねられます。

他にも勤め先の情報として、職種や連絡先、勤続年数も一緒に記入する必要があります。

おまとめローンで欠かせないのは、現在契約しているローンの情報で、現状を伝える必要事項の提出が必要です。

記入する内容は、ローンの種類や契約の希望先によって違いますが、基本的には月々の返済額であったり、借入れている契約内容になります。

何れにしても、現在借りているローンを隠したり、融資を希望することは不可能なので、包み隠さず正直に申込書類に書き込むことが大切です。

仮に一部の情報を隠したり、違う情報を記入しても、後になって指摘される結果に繋がります。

つまり、審査を受ける為には、正確な情報を伝える申込みを含めて、間違いなく行う手続きの流れがあります。

誰もが気になる審査に必要なこと!

審査の流れや進め方は、契約を希望する企業によって異なりますが、職場に対する電話連絡の点は共通しています。

おまとめタイプのローンは、通常の融資とは違い、借入れ金額が大きくなったり、複数のローンを一本化する変化があります。

融資額が大きくなれば、返済の難易度は上がるので、返済能力を慎重に調べるのは当然といえます。

会社にローンが発覚する恐れはありますが、多くの場合は個人名で問い合せされるので、必要以上に発覚に悩む必要はありません。

心配が拭えない時は、予め本人確認の方法を尋ねたり、他の方法は選べないか確認することが役立ちます。

ここまで進めば、おまとめローンは実現の後一歩まで近づきますが、借入金額次第では、年収を証明する書類の提出が求められます。

給与明細は、収入の証明に適した書類で、源泉徴収票のコピーで証明出来る場合もあります。

返済能力が確認された上で、希望額の融資が認められれば、本格的なローンの一本化と返済の流れが始まります。

落ち着いて審査結果を待ちましょう!

融資の受取り方は、指定した銀行口座に振り込まれる方法が一般的で、この点は通常のローンと大きく変わりません。

後は今までと同じく、毎月契約で決められた日に返済額の振り込みを行います。

おまとめローンの流れとしては、窓口から融資の希望を伝えて、場合によっては電話で希望内容の確認が行われます。

結果が出るまでには、1週間程度を要するので、申込み内容に不備はないと確認することが重要です。

希望に対する返答の内容には、融資の可否と限度額に加えて、月々の返済額等が記されます。

融資内容を確認して借り入れ開始!

条件に納得出来れば、本契約に進むことが出来ますし、借入れの実現は目前に迫ります。

契約書が届けられるので、最初の申込みと同じく、内容を再確認してから郵送します。

発送から到着までは2、3日必要になることもあるので、返送日数を含めると、合計で2週間程度かかる計算になります。

おまとめローンが実現すると、複数に増えていた返済がまとまるので、返済しやすく金利面が有利に変わります。

コメントを残す