おまとめローン利用の際に審査通らない3つの理由

複数のキャッシングには、おまとめローンがおすすめ

複数の金融業者からキャッシングを一本化したい際に便利なのがおまとめローンです。

キャッシングを一本化すると様々なメリットがあります。

金融業者によって支払日は異なりますので、一本化すれば支払日を忘れて滞納してしまった等というトラブルが無くなります。

また毎月の支払額を少なくする目的でも利用されています。

おまとめローンにも消費者金融系の物と金融系と銀行系の物があります。

消費者金融系の物は審査が早く、手軽に利用しやすいという利点があります。

銀行系の物は比較的低金利でキャッシングが出来るので返済額が節約できるという利点があります。

このように便利なサービスですが、実は普通のキャッシングよりも審査は厳しくなっています。

普通のキャッシングは審査が通るのにおまとめローンは通らないという人も存在します。

おまとめローンが通らない理由は3つ考えられます。

理由1:複数のキャッシングをしていませんか?

まずはキャッシングの件数が多い事です。

おまとめローンを利用する際に重要になってくるのが、キャッシング総額よりも件数です。

例えば1社から200万円借りている状態の人と5社から40万円ずつ借りている状態の人では、キャッシング総額は同じですが金融業者から見る信用度の印象は違ってきます。

前者は1社あたりのキャッシング限度額が高く、きちんとした返済実績があり信用度が高い印象になります。

一般的なキャッシング限度額は50万円から始まります。

100万円借りているという事は少なくとも1年以上は返済が滞ったりしていないと判断されます。

後者は1社あたりのキャッシング限度額が低く、増額される前に他社からキャッシングしている状態と言えます。

ローンは長期的返済と総額が高額になってしまいますので、申請者の信用度はとても重要な基準となります。

一般的には4社以上からキャッシングしていると審査通過は難しくなると言われています。

理由2:短期間に複数の申し込みをしていませんか?

短期間に多数の金融業者に同時に申し込んでいる人も通過が難しくなります。

ローンを申し込むとその情報が信用情報機関に記録されます。

金融業者はローン審査の際にかならずこの信用情報機関を利用し、申請者の信用情報を確認します。

1度に多数の金融業者にローンを申し込んでいるという事は相当お金に困っているもしくは、借りるだけ借りて計画的に破産してしまう事を目論んでいる等決して良い印象は持たれません。

前述の様におまとめローンはどうしてもキャッシング額が高額になってしまう為、この申請情報もかなり深読みされます。

現在はインターネットで手軽に申し込める物が多いのでついつい多数の業者に申請を行ってしまうという事もあります。

悪意が無くともこういった行動が審査に対して不利になってしまいます。

ちなみにこの申し込み情報は約半年で信用情報機関から消されると言われていますので、1社に申し込んだらその結果の是非に寄らず半年は時間を空けるのが賢明と言われています。

理由3:現在の会社にはどれくらい勤務していますか?

そして重要なのが現在の会社での勤務年数です。

転職が多い人や現在の会社に勤め始めて間もない人はかなり不利になると言われています。

金融業者は完全に返済してもらう事を前提で貸付を行いますので勤務年数が長いほうが有利になります。

ローンは長期的な返済が前提となりますので正社員に限らず、パートやアルバイトで勤めている人、社会的地位が高いと言われている職業の人でも同様で、月収の額ではなくあくまで勤務年数がポイントとなります。

一般的に最低でも3ヶ月以上現在の会社での勤務実績が無いとローンを組むのは厳しくなります。

3つの理由に注意して、申し込みをしましょう!

上記をまとめると、

多数の金融業者からキャッシングを行っている。
6ヶ月以内に複数の金融業者にローンを申し込んでいる。
現在の会社に勤め始めて間もない状態である。

という3つの理由になります。

コメントを残す