アルバイトがおまとめローンを利用するときの条件とは?

おまとめローンを利用する場合、実はアルバイトでも利用が可能なことが多く、大体の場合はアルバイトだからということで審査落ちになることはありません。

ただし、正社員や公務員よりも若干条件が厳しく、それなりに審査に通らないことも考えられます。

この場合、利用するための条件は以下の様なものです。

条件1:安定した収入はありますか?

まずは安定した収入があることです。

これは長いこと働き、長期的に返済ができるということを意味します。

収入が毎月あり安定した収入さえあれば、審査に通る可能性はあります。

会社によっては繁忙期と閑散期で全くお給料が違うということもあるでしょう。

また、営業など成果給という形でいくらか給料をもらっている場合も出てくるのではないでしょうか。

このような場合でも、ある程度働き続けているのなら収入があるとみなされます。

ただ、この場合は給料の差がとても大きいというのでなければ安心してください。

一方、もし月ごとに給料がひとけたほど違うというのなら、おまとめローンの申込先に相談した方がいいでしょう。

条件2:長期的に働き続けていますか?

次に、長期的に働いているということです。

この長期的にというのは、単純に長いこと在籍して毎月お給料をもらっている状態が長く続いている、ということに過ぎません。

実はおまとめローンの場合、その人が長期にわたって返済ができるかどうかを確認しています。

この時、長期的に働いていないのならば安定した収入があるとしても問題が大きいでしょう。

一方、何年も同じ所で働き続けているというのなら、審査に通る可能性も高くなります。

アルバイトの場合は残念ながらコロコロ仕事を変える人もいますから、その点で信用性が薄くなるのです。

このような長期にわたってという基本的な基準はありませんが、だいたい目安となるのは1年です。

ただし、長ければ長いほどよく、年単位で働いた履歴があればなおいいでしょう。

条件3:申し込みたいおまとめローンは、希望する目的で利用できますか?

そして、利用できるローンかどうかということも対象になります。

おまとめローンの場合、無担保ローンを中心に扱っているところが多いものです。

この無担保ローンとはキャッシングやフリーローンのことで、住宅ローンやマイカーローンなどはこれに当てはまらないことも多くなります。

また、奨学金や個人間の貸し借り、年金や健康保険料の未払いなども対象外とすることがほとんどです。

この場合はどんなところからどのくらい借りているのかを一度整理しましょう。

また、利用できるローンかどうかの判断がつかない場合、問い合わせるのも方法です。

会社によってこういう基準は微妙に違うことが多いので、このローンはどうか迷ってしまった時は相談してみましょう。

条件4:申し込み書類は、正直に書きましょう!

最後に、申し込みの時には嘘偽りなく全てしっかり書くようにしましょう。

これは例えばアルバイトを正社員と偽って書いたり、勤続年数や勤務先を偽って書くことはしないようにします。

このようなことでちょっとした嘘をつくと虚偽申告となり、審査に落ちる可能性が高くなるのです。

月収や年収についても正直に記載しましょう。

ここで嘘を書くと、後々虚偽申告だと発覚した場合は一括返済を求められることもありますから、嘘は書かないでください。

借入金額についても同様です。

この時少なく書いたり多く書きすぎるのも良くありませんから、しっかりまとめておきましょう。

条件5:申し込み条件を確認しましょう!

ちなみに、おまとめローンを実施しているところは銀行が多く、銀行の場合はかなり審査が厳しくなっています。

中には条件として「給与所得者・正社員・公務員など」と、肩書を限定しているところも少なくありません。

このようなところはアルバイトの人が申し込んでも落ちるだけです。

このため、銀行のおまとめローンでアルバイトでもOKというところに申し込むのがいいでしょう。

コメントを残す