カードローン地獄にならないためにも、おすすめできるおまとめローン

カードローンの初期限度額は低くなっており、増額するには時間がかかります。

限度額が高くなるほど増額の審査は厳しくなるため、複数契約することで限度額の総額を増やす人も少なくありませんが、これには問題点があります。

適用される金利は限度額の増額によって引き下げられるため、複数契約で総額を増やすと1社から同じ金額を借りる場合と比べて金利が高くなります。

各社で返済の日程も異なるため管理の手間が発生し、遅延を起こす危険性があります。このような借金地獄にならないようにするには、おまとめローンの利用を検討するのがおすすめです。

おまとめローンを利用するとどうなる!?

複数の借金をまとめられるだけの限度額を設定するので、金利を引き下げられます。借り入れ先も1つだけになるので管理の手間がなくなるなど、メリットが大きいです。

また、おまとめローンは借り換えをしているだけなので債務整理にはなりません。

そのため、信用情報に傷が付く心配もありません。

おまとめローンを利用する場合、総額が年収の3分の1を超えていても消費者金融を利用できる

通常のカードローンでは消費者金融からは年収の3分の1を超える金額を借りられませんが、総量規制には一方的に有利になる借り換えに関しては例外とする規定があります。

ただし、消費者金融でまとめる際にはいくつか注意点があります。まず、おまとめローンではできるだけ金利の低いところを利用した方が良いので、金利の高い消費者金融は最適とは言えません。

法的には借り入れが認められているとはいえ、年収の3分の1を超える借り入れがあれば審査は厳しくなります。また、返済専用のローンになっているため、完済するまで追加の借り入れができません。

ローンによっては完済するまで他社からの借り入れを禁じていることもあります。

なお、総量規制の例外であっても借り入れ総額には含まれます。そのため、他社からの借り入れができる場合でも、借り入れ総額が年収の3分の1を下回らなければ追加の借り入れはできません。

銀行のおまとめローンを使う場合はどうなの?

年収の3分の1を超える借り入れがあっても問題はなく、通常のカードローンを使ってまとめられます。申し込みの際にはおまとめローンとして使うことを話しておいた方が良いでしょう。

おまとめローンは審査が厳しいと言われていますが、通常のカードローンで高い限度額を希望しても、理由がなければ希望は通りにくいです。

また、審査が厳しく、通らない場合には不動産担保ローンなどの担保付のローンも検討しましょう。

担保があるため高額の借り入れがしやすくなります。ただし、この場合、返済できなくなると債務整理しても担保は守れないことに注意しましょう。

おまとめローンは借り入れ総額は減らないことにも注意します。毎月の返済額を少なくすると返済の負担は減って楽になりますが、完済までの期間が長くなり、金利が低くなっていても利息の総額が増えてしまうことがあります。

いくらであれば利息総額が増えないのかシミュレーションで確認しておきましょう。

コメントを残す