住宅ローンもおまとめローンの対象?実は出来ない住宅ローンのおまとめ

おまとめローンというと、様々な借金を一つの借入先にまとめることができるというローンで、様々なローンを一本化できるとかなり楽に考えることが多いでしょう。

これはある意味ではあたりですが、ある意味では間違いです。

実は対象外になるローンが多くあり、その一つが住宅ローンです。

住宅ローンがおまとめローンの対象外になる理由とは?

住宅ローンが対象外となる理由ですが、いくつかあります。

まずは借入額がとても高いということです。

住宅ローンの場合、だいたい数千万者借り入れをすることはとても多いでしょう。

おまとめローンの場合は数社の借り入れであり数百万円までしか設定していないところが多いのです。

ちなみに、特定の住宅ローンから新たに別の銀行などのローンに変更することを借り換えといいます。

これはおまとめとはまた違うのです。

次に、かなりの割合で住宅ローンのほうが利率が低いということです。

実はおまとめローンの利率は無担保となるため利率もそれなりですが、住宅ローンは土地や建物などの価値があるものを担保としているため、低利率を提供できます。

このため、無担保となるおまとめローンのほうが利率が高く、借り換えなどしなければよかったということになりかねません。

そもそもおまとめローンとは、無担保型の借金を対象としています。

この無担保型の借金とは、担保や保証人などがなくても借りられる借金であり、消費者金融からのローンやカードローン、フリーローン、デンタルローンなどの申込書を書くだけで契約できるローンを対象としています。

このため、対象外となるローンが意外と多いのです。

もちろん住宅に関連するような借り入れも出来ない可能性が高くなり、利用を断られることも少なくありません。

住宅ローン以外にも対象外となる利用目的がある!?

また、カーローンも担保ありのローンなので、おまとめに組み込むことはできません。

これはカーローンはそもそも車そのものが担保となることが多いため、担保がないローンではないのです。

他にも、対象外となるローンはいくつかあります。

おまとめできないローンの代表的なものが奨学金で、この場合は学校や公的機関を元に借りているのですから、対象外となることが多いのです。

次に、担保のあるローンです。

何らかの形で担保があるローンなどの場合は手続きも大変になり、あまり対象としているところは多くありません。

事業性のローンなども当てはまることが多いでしょう。

というのも、事業性のローンは会社が借り入れをしていることが多いため、あまり対象としていないのです。

携帯電話の端末代の分割払いや、高額商品を購入し分割払いをした場合の支払いも利用できません。

会社によってはクレジットカードのキャッシングも対象外となるのです。

なぜ、利用目的によっておまとめローンを利用できないのか?

実は、そもそもおまとめローンとは消費者金融が行っているフリーローンやカードローンなどで膨れ上がった借金額を減らすために行われています。

このため、それ以外のローンの場合はあまり対象としないことが多く、意外と使える用途は限られています。

できないとされるローンの種類も結構あるため、その分あまり活用することは低いローンでもあります。

ただ、その一方でこのような高い利率となるところからの返済が大変という人にとって、借金を整理できるのはとてもありがたいことになるのです。

このため、もしどうしても借金が多くて大変というのなら、一度整理してみるといいでしょう。

毎月の返済額も減る傾向があり、管理も楽になるためストレスも減るでしょう。

できないことも多いので利便性はそう高くありませんが、もし必要ならしっかりした支払いをし続け、完済する必要があります。

また、おまとめしたあとは完済までの間は他のローンを利用しないように気をつけ、余計な借金を増やさないようにしましょう。

コメントを残す