個人事業主・法人におけるおまとめローンの審査条件とは?

個人の生活でローンを組む場面は良くあります。

ちょっと生活費をプラスにしたい、旅行代金や医療費、車のローンや家のローンなど、一般的になっている使い道もあります。

ですから、一人で複数のローンを組んでいる状況も良くありますので、それらを1本化するおまとめローンの活用も認知度が高くなっていますし、取り扱う業者も多いです。

しかし、これが個人事業主や法人となったとき、あまりおまとめローンに関しての情報がありません。

会社のローンを対象にしたおまとめローンはないのでしょうか。

会社のローンを一本化でおまとめ?

実は個人よりはぐっと少なくなってしまいますが、会社のローンを1本化するローンも存在しています。

ですから、これを利用すればある程度ローンをまとめることができるのです。会社のローンと言えば複雑なものが多いです。

単純に現金をキャッシングしている場合はわかりやすいです。例えば開店資金や運転資金として借りたものは多いでしょう。

個人の場合は毎月ほぼ同じ給与があるのですが、企業となると毎月一定の収入とはいきません。

黒字の月もあれば赤字になってしまう月もあります。

この赤字の時に支払いがかぶってしまうと他の部分から補填することが必要になってきます。

この時にキャッシングを利用することでスムーズに事業が続けられます。黒字で余剰金が出た時に返済をしてしまえばいいので、多くの企業が行っていることです。

しかし、他にも店など不動産や価値のあるものを担保にしたローンを組んでいたり、キャッシングも複数業者を利用しているとローンもいくつもあって複雑になってきてしまいます。

そこで1つにまとめるおまとめローンが役に立つのです。

個人事業主・法人のローンは個人より手間もかかるし審査も厳しいと思え

利用するにも個人よりは手間がかかるのは心しておきましょう。

というのも必要書類が個人に比べて多くなり、用意するのに時間と手間がかかるからです。

個人事業主や法人の場合はローンをまとめると金額が高くなります。そのため収入を証明する書類が必須になることが多いのですが、これが少し厄介です。

個人なら源泉徴収や所得証明1枚で証明できますが企業の場合は多数の書類が必要になることが多いです。

青色申告や財務を示す書類が用意することが多いです。それも数年分ということも多く、これらの書類を準備できることが審査の条件になるケースが多いです。

また、不動産を担保にしているローンを組んでいる場合は、その不動産に関する書類も求められるかもしれません。

これらの書類を提出できて、さらにある程度経営状態が保たれていることも審査に大きくかかわってきます。金額が高額になると保証人が必要なる場合もありますので、これに対応できることも審査条件になってきます。

まず、個人事業主や法人を対象にしている業者を探し、必要書類をそろえて申し込みを相談すると良いでしょう。

個人とはまた違った内容までチェックするので、ある程度時間がかかったり条件が付くことは頭に入れておくと良いでしょう。

コメントを残す