収入証明書不要のおまとめローンってあるの!?

複数の借金を一本化しませんか?

キャッシングやカードローンを利用していると、1社だけでなく、いくつかの会社から借金をすることもよくあります。

複数の会社から借りるとなると、それぞれ支払期日が違ったり、利息が異なりますので、管理に手間がかかるというデメリットが目立ってきます。

そこで利用したいのが、おまとめローンです。

他社の借金を、一つの会社のキャッシングやカードローンに一本化するというやり方です。

一本化すれば、1社のみを相手に返済をするだけで済みますので、管理の手間が大幅に減ります。

魅力的なおまとめローンではあるものの、収入証明書不要で申し込めるサービスがあるかについてが、気になるところです。

収入証明書の提出は原則なの?

収入証明書不要で一本化を希望するなら、できるだけ銀行のフリーローンやカードローンを選択するようにしましょう。

消費者金融でも、おまとめローンを利用できるところは多くあります。

しかし、消費者金融は収入証明書の提出条件が、銀行よりも厳しいところが大半です。

大手の消費者金融の場合、50万円を超える借入を希望する、もしくは他社との借入と合計して100万円を超えると、収入証明書の提出が必要になる例が多くなっています。

おまとめローンの基本は、まず一本化したい会社のキャッシングやカードローンに申し込んで、そこで借り入れたお金で、一本化する前に借りていた各会社に返済する流れになります。

つまり、一本化するために新たに消費者金融に申し込む時点では、他社への借入が残っている状態です。

借りている金額がとても少ないのであれば問題になりませんが、それ以外の立場であると、収入証明書の提出条件に引っかかる可能性が極めて高くなります。

一方の、銀行系のフリーローンやカードローンでは、他社の借金に関係なく、100万円や300万円以内の借入希望額であれば、収入証明書不要とするところが目立ちます。

多くの借金を抱えている人でも、300万円も余裕があれば、収入証明書の提出を気にすることなく、銀行のサービスに申し込める可能性が高まります。

但し、銀行であっても、おまとめローン専用の商品や、一部の銀行によっては、収入証明書の提出を原則としているところがありますので、商品概要をよく確認してから、申し込むようにしたいところです。

フリーローンとカードローン、おまとめに適しているのは?

フリーローンとカードローンでは、カードローンの利用がおすすめです。

一本化した借金の返済ばかりでなく、利用限度額に余裕があれば、気軽にいつでもお金を借りやすい特徴を持っているからです。

その銀行のATMや、提携先の銀行、コンビニなどのATMを使って、カードで自由にお金を借りることが可能です。

ATMから返済に応じてくれるサービスも、中には存在します。

日割り計算で利息が決まりますので、できるだけ早めに利用残高を減らすようにすると、利息の支払いを少なくすることが可能です。

ATMによる任意返済と、毎月の自動引き落としによる口座振替の返済を上手に組み合わせてみましょう。

普通のカードローンであっても、おまとめに使える、おまとめに便利などと、銀行側が紹介しているカードローンであれば、特別な申し込み方法でなくても、普通に申し込めることが多くなっています。

ですが、気をつけたいのが、他社への借金の内容について、銀行側が知ることができるという部分です。

申し込みの後に審査がありますが、この時に個人信用情報機関というところで、申し込んだ人の情報を入手します。

その中にキャッシングや各種ローンの利用状況が掲載されていますので、銀行側に他社への借金を隠しても無駄に終わります。

他社からの借金を滞納したり、あまりにも金額が多いと、審査が不利になりますので、注意しましょう。

コメントを残す