年収200万以下の人でも利用できるおまとめローンはどこ?

 

銀行系と消費者金融系、どちらがおすすめ?

他社の借入を別の金利の低い会社で借り換えれば、利息の支払いが楽になります。

この特徴を利用して、おまとめローンを積極的に提供している、消費者金融や銀行が多くなっています。

それほどまで便利な仕組みであれば、誰もが申し込みたいと願うところではあるものの、各種ローンには審査が必ず存在しますので、そう都合よく利用できるとは限らないのが難しい部分です。

年収200万以下の人は、世間一般で収入が少ない立場に見られます。

お金を借りる際にやや不利になる可能性について、考えておきたいところです。

今現在、他社で借金をしている年収200万の人が狙うべきおまとめローンとしては、銀行系がおすすめです。

まとめる金額が少なければ、消費者金融でも構いませんが、低金利の恩恵はほぼ得られませんので、気をつけたいところです。

避けるべきなのが、銀行などが用意している専用のおまとめローンです。

一般的なカードローンに比べると、審査がとても厳しいという問題があります。

基本的に多重債務の人を対象にした商品とあり、金利もやや高めで、返済期間が長めに設定されているケースが多くなっています。

月々の返済額を少なく抑えるには向いていますが、その分だけ多くの利息を支払いますので、お得感が薄れたり、損をする心配があります。

年収200万の人にはハードルが高いといわざるを得ませんので、よほどの理由がない限り、おまとめも可能な一般的なカードローンを選ぶことをおすすめします。

銀行系と消費者金融系、それぞれのメリットは?

消費者金融のカードローンでは、大手なら500万円や800万円まで借りられるものが目立ちます。

しかし、おまとめ目的でここまでのお金を借りられるケースは稀です。

おまとめ専用のカードローンという決まりがない商品なら、総量規制に則った貸付になる可能性が高くなります。

総量規制では年収の3分の1までが貸付条件ですので、年収200万の人では、最高でも66万円程度までの借入れになります。

他社の借入れを合計して、年収の3分の1までの金額であれば問題はないものの、一本化した借金の他に、追加でお金を借りたいと願った時には、その時点で年収200万のままだと、利用限度額の枠が少ないため、ほとんどお金を借りられません。

消費者金融だと18%近い高い金利ですので、銀行のカードローンが申し込めなかった場合に、仕方なく利用する程度のサービスだと考えておきましょう。

銀行系のカードローンの魅力は、圧倒的な金利の低さです。

高くても15%くらいでおさまりますので、返済の負担を一気に減らせます。

総量規制もありませんので、年収の低い人でも借りやすい特徴を持っています。

気になるのが、年収200万以下という立場の弱さですが、銀行系は審査が若干厳しいものの、よほどのことが無い限りは、割とすんなりと審査に通ることがよくあります。

カードローンの申し込みに年収は関係ない!?

実は銀行系に限らず、多くのカードローンの申し込みで、年収の多さはあまり問題視されません。

どちらかというと、安定した収入があることが求められます。

少ない年収であっても、正社員であるなら、契約できる確率があがります。

派遣社員やアルバイト、パートであっても、安定していれば、あまり問題になりません。

おまとめ目的の利用で注意したいのが、他者からの借入れの金額と、返済状況です。

滞納を何度も繰り返していれば、とたんに審査が厳しくなります。

滞納は審査に落ちやすい要素ですので、期日までにきちんと返済する努力を欠かさないことが条件です。

他社での借入れの金額があまりにも多いと、利用限度額が低めに設定されたり、審査に落とされる場合があります。

審査に通っても利用限度額が低いのであれば、おまとめローンとして活かせなくなってしまいますので、気を付けましょう。

コメントを残す