新生銀行カードローン『レイク』のおまとめローン審査と金利

複数のローンを抱えていると返済する相手によって返済日や返済口座、返済金額が異なるので管理するのも大変になります。

いつ、どこにいくら払うのか複雑になり、それを何年も続けているのは頭が痛い問題です。また、ローンによって金利も異なってきます。

中には審査に通ることに集中してしまって、金利が高かったと後になって気づいて負担に感じてしまうケースもあります。そんな時に利用したいのがおまとめローンです。

おまとめローンは複数のローンを1つの業者の1つの契約にまとめてしまうので、残高がどのくらい残っているのか、いつまで返済すればよいのかも明確になり、計画的に返済ができます。さらに金利が低いおまとめローンに借り換えをすれば、今までの金利分より支払いが減るので、トータルで払う金額も減額できるメリットがあります。つまり、借り換えをするときには金利と審査にかかわる手間が少ないことが大切になってきます。

新生銀行カードローン レイク はおまとめローンに向いているか?金利など

新生銀行カードローンレイクならどちらも使う人の立場に立ってバランスよいローンを用意しています。

レイクは新生銀行グループなので安定感があります。

金利も良心的で、年利4.5%から18%となっています。

借りる金額や審査内容によって金利は決まるためケースによって異なりますが低金利で利用しやすいと評判です。

レイクでおまとめローンをする場合の審査時間はどのくらい?

審査もおまとめローンとしては早く結果を出してくれるので安心で使いやすいという声が多いです。

一本化するローンだと審査も時間がかかり、さらいいろいろな書類を提出するケースが多く、数日かかることも多いです。しかし、レイクの場合はできるだけ負担が少なくなるように配慮されていて、時間も早ければその日中に終わってしまうこともあります。

レイクのおまとめローン審査に必要な書類は?収入証明書は必要?

用意する書類も最低限で、すぐに用意できるものばかりなので手間がかかりません。必要なのは本人証明の身分証と、100万円以上の融資の場合は所得証明です。

もし、審査上、必要な書類が出てくれば別途案内されますのでわからないことは聞けばいいだけです。身分証明書は免許だったりパスポートだったり健康保険証で対応できます。また、所得証明も源泉徴収や所得証明で良いのですぐに準備ができます。どうしても用意できないときは給与明細2か月分でも相談できますので、幅広い方に利用しやすく考えられています。勤務先や本当に本人で間違いないか、返済能力などをチェックして問題なしとされると、必要書類の提出を求められます。

ここも通過すると実際に他のローンの残額分が融資されます。

これで融資で他のローンを残債一括返済すればレイクからだけ借りている状態になりますので、いくつもの業者を気にかけなくて良くなります。

あとはレイクに対して月々の返済をすればいいので1つに絞れて管理もしやすくなります。複数のローンを抱えて負担のある金利を払っていくよりも、レイクのおまとめローンを利用して1つの契約にして、金利も時間も手間も無駄をなくしていく方が効率的な返済にすることができます。

コメントを残す